大野社

フッ素樹脂・ガスケット・ゴム・金属加工の大野社

お問い合わせ

品質管理体制

  • Home
  • 品質管理体制

品質管理体制

当社は、品質マネジメントシステムの国際規格のISO9001を2000年11月に取得し(神戸工場)それに則った品質管理体制を構築しています。

2012年11月には九州工場も認証取得を(部門拡張)完了しました。

受注、原材料、作業者、設備、外注先、検査・出荷に至るまでトレイサビリティを徹底しお客様に満足頂ける高品質なシール製品・サービスの提供を行います。

ISO9001取得概要

適用規格 ISO9001:2008
認証機関 DNVGL-ビジネスアシュランス
初回認証日 2000年11月14日
登録日 2015年10月19日
認証範囲 グランドパッキング、うず巻形ガスケット、ふっ素樹脂製品、合成ゴムシール材、メタルガスケット、非メタルガスケット及び金属加工品の設計及び製造
登録場所 本社・神戸工場、九州工場

品質方針

「全社員が総力を結集し、顧客に満足され、 愛用してもらえる
高品質シール製品・エンジニアリング及びサービスの提供を
行なうことにより、高収益体質を構築し、全社員の幸福の追求と
社会的責任を果たす。」

本品質マネジメントシステムが有効に効果を発揮できるように継続的な改善を行ない、上記の達成に努める。

各部門は、本方針にそって品質目標を設定し“Plan-Do-Check-Act”のプロセスで実現を図る。

株式会社大野社
代表取締役社長 大野光夫

認証書

検査体制

弊社では出荷する前の製品全て検査室にて検査後出荷となります。

材質確認、寸法検査、外観検査を行い、必要に応じ、検査証明書を発行し出荷となります。

検査は恒温室にて必要に応じ、三次元測定機、画像測定器、表面粗さ測定機、真円度測定機等を使用し検査記録は一定期間保管します。