大野社

フッ素樹脂・ガスケット・ゴム・金属加工の大野社

お問い合わせ

原料調達から成形まで一貫生産

  • Home
  • 原料調達から成形まで一貫生産

温度管理された工場内でのフッ素樹脂の成形条件の最適化

ダイキン工業㈱殿・旭硝子㈱殿・三井デュポンフロロケミカル㈱殿のフッ素樹脂原料を自社の成形工場で成形しています。

フッ素樹脂の加工は当社の中でも、最も得意とする分野です。フッ素樹脂の成形から加工において、多くの加工技術と経験を蓄積しています。

フッ素樹脂は特に樹脂のなかでも耐熱(常用260℃)・耐薬品性に優れ(フッ素ガス・三フッ化塩素・溶融アルカリ金属を除く)、電気絶縁性も高く、全ての個体と比較しても低摩擦を示し、非粘着性にも優れています。

成形に必要とされる金型の設計、製作、寸法精度、焼成条件などフッ素樹脂の特性を熟知した加工を得意としています。

フッ素樹脂加工を応用した様々なご提案

金属からフッ素樹脂への代替提案も必要に応じてご提案させていただきます。これまでにない使用方法や環境においても、開発を含め積極的にフッ素樹脂の可能性を追求しています。

その他、当社独自の成形方法にて製作した継ぎ目のない一体物の槽等も製造しており、漏れ、割れなどの心配はありませんので 主に電気部品・半導体等の洗浄装置等に使用されております。

フッ素樹脂の成形時の金属インサートも対応しており、フッ素樹脂の特性を活かしつつ、耐久性、強度向上など様々な機能を付加することが可能です。

さらに、ガラス繊維入り、カーボン繊維入り等の充填材入りフッ素樹脂の成形も可能です。

成形後の加工技術

金型、焼成炉での成形後の加工も自社で行っています。必要に応じて、フライス、旋盤などの加工を行い、複雑形状、高精度加工など、お客様の様々なご要望にお応えします。

また、フッ素樹脂の溶接・溶着・接着処理も行っています。弊社九州工場の金属製品と組み合わせた製品の製作も可能です。その他、独自の成形技術を駆使した成形も行っており、自動車、半導体、電気、化学など先端分野に数多く加工実績があります。